営業本部 New Face

New Face! 営業本部 ~今回 新たに入社した営業職の2人に色々と聞いてみました~

今回のインタビュアー

小越センター長

所属:港北センター

石井課長

所属:本社 営業本部
入社:令和2年4月

巳野課長代理

所属:本社 営業本部
入社:令和2年4月

小越)今回は4月に入社した営業本部の2人に今思うことや考えについてインタビューしたいと思います。本日はよろしくお願いします。

石井巳野)よろしくお願いします。

小越)まずは入社して半年ほど経ち、現在は伊勢原センターで現場研修中という事ですが、入社前と比べて物流会社の印象は変わりましたか?

石井)最初は物流会社の印象というと職人気質な人が多く、多少の溶け込みづらさがあるのかなと思っていました。ところが実際は全く違い、とてもアットホームな雰囲気で皆さんよく話しかけてくれますし、日々忙しい中でも明るく仕事に取り組む姿を目の当たりにして当初持っていた印象がだいぶ変わりました。

巳野)私も同じで当初、不安を感じる所はありましたが、取り越し苦労でした。現在は出来るだけ多くの人とコミュニケーションを取りながら頭も体も使って貪欲に様々な事を吸収するようにしています。

小越)2人とも前職は自動車の販売会社に勤めていたとのことですがその経験はどの様な場面で活かせそうですか?

石井)前職も営業でしたのでお客様への対応などで活かせる部分は大いにあると思います。これからは物を売ることからサービスを売ることになりますが、視野を広げ、新たな知識や理論をしっかりと身に着けながらこれまでの経験で得た営業力+αを発揮出来るようにしていきたいと考えています。

巳野)私も前職で営業をしておりましたが、本当に多くの事を学び、貴重な時間を過ごすことが出来ました。思い返すと思い通りにいかなかった事の方が多かったかもしれませんが、その様な中でも常に前向きに笑顔でいること、決して諦めないことなど自分がこれまで大切にしてきたモットーを忘れずに自分のカラーを出しながら営業活動を行って行きたいと考えています。

小越)更に当社で今後、営業職としてやりたいこと、目指すことは何ですか?

石井)私はより多くの方々に石井商事運輸のことを知ってもらいたいと考えています。営業職という位置は会社の顔でもあると思いますので、既存のお客様、新規のお客様とのお取引に於いて、何よりも人と人との繋がりを大切にしながらお客様目線の提案をしっかりと行うことで業務拡大を目指していきたいと考えています。新型コロナウィルスの感染拡大によって大きく世界の常識が変わろうとしています。物流業界も例外ではなく現在の常識に囚われていたら後退の一途を辿ってしまうことでしょう。世の中の変化を敏感に感じ、営業として周りより先にチャレンジするような攻めの部分も大切にしていきたいと考えています。

巳野)何と言っても営業として最優先すべきは1社でも多く取引先を増やす事だと思っています。その為には、当社は何が得意で他社との差別化はどこにあって、最終的にはどんなメリットをお客様へ提供できるのか、その裏付けをしっかりとしなければなりません。これまで培った経験に加え、現状の物流業界、更には新たな未来を創造し、それらをミックスする事で石井商事運輸を選んで良かったと思って頂けるように営業という立場で一つ一つしっかりと取り組んでいきたいと考えています。

小越)未だ入社して半年ですが、会社発展の為に今後、必要だと感じることはありますか?

石井)未だ大きなことは言えませんが、事業拡大に並行して職場のより良い環境づくりも必要な事だと思います。人材不足問題が課題の一つであると思いますが、その解消に向け、今よりもっと従業員にとって働きやすく居心地の良い環境づくりをすることで従業員の定着、更にその結果として事業成長が見えてくると思います。当社で働くメリットなどを明確にし求職者にアピールすることも必要だと思います。今後、会社は様々な変化を遂げると思いますが、何よりも働く人があってこそ。それは変わる事が無いと思います。

巳野)入社してまだ間もないので把握できていない事が多いかもしれませんが、私も石井課長が言ったように人材確保の重要性は感じています。それと同時に年齢、職務に合った教育プログラムを再構築し、各人の更なるスキルアップを目指してみてはどうかと考えています。雇用~定着~成長と流れを作る事で従業員自身が満足し、それが最終的には会社の基盤強化に繋がっていくものと考えます。私自身も周りの人々に負けないように成長していきたいと思っています。

小越)ありがとうございます。ここで仕事の話は終わりにして、普段プライベートはどのように過ごしていますか?

石井)最近は自粛の影響であまり出かけれらませんが、以前は車が好きということもあり、仲の良い友人と観光地など色々なところへ出かけたりしていました。

巳野)お酒を飲むことが好きなので、現状の許される範囲で休みの前日に飲みに行きます。ただ、今は家で映画など見たり、愛犬と戯れたりして過ごす機会が多いです。

小越)最後に、大切にしている考え方はありますか?

石井)会津藩士の基礎の心得「什の掟(じゅうのおきて)」です。 “ならぬことは、ならぬものです”(やってはいけないことは、やってはいけない)、これは、幼い頃より私の頭にある言葉で学生時代ならびに社会人になってからも常日頃から心がけていることです。

巳野)私が1番大切にしていることは「どんな時でも笑顔でいること」です。辛いときや苦しいときでも笑顔でいることで、今を少しでも幸せに過ごせると考えているからです。

小越)以上でインタビューは終わりになります。本日はありがとうございました。

石井巳野)ありがとうございました。