法令順守

法令順守

運輸安全マネジメントへの取り組み
運輸安全マネジメントへの取り組み

運輸安全マネジメントへの取り組み

運輸安全マネジメント制度とは、平成17 年度に起きた人的ミスにもとづいた事故の多発を背景に創設された制度であり、平成18年より運用が開始されました。
根本的な基準はISO を参考としており、PDCA サイクルを取り入れた安全管理体制を構築し、国による「運輸安全マネジメント評価」を実施するという内容になっています。
当社では一般的な規定に加え、KYT、安全運転講習、エコドライブ講習、チェーン講習、緊急時対策などを計画に盛り込み、運輸安全マネジメントを実践しています。

Gマーク取得

Gマーク取得

Gマークとは、全日本トラック協会がトラック物流事業者の交通安全対策などへの取り組みを評価し、一定の基準をクリアした事業所に付与するものであり、安全輸送を実現している企業を見分けるためのひとつの指標として利用されています。 石井商事運輸では現在6営業所が取得しており、他の営業所も取得に向けて活動しています。

資格取得者の育成(運行管理者、衛生管理者 等)

資格取得者の育成(運行管理者、衛生管理者 等)

24時間365日の物流業務に対応するため、当社では運行管理者と衛生管理者の育成を非常に重要視し、資格取得を目指しています。 スタッフ自身の責任感にもつながるため、結果的に安全な物流システムを期待できます。

過積載

過積載

過積載は事故発生時に重大事故への発展の可能性が極めて高いことから、新交通三悪のひとつとして挙げられています。 当社では当然ながら積載量をオーバーすることはなく、貨物管理を徹底しています。

スピード

スピード

デジタコの導入によりスピード違反の発覚が容易になったこともあり、スピードに対する意識は全スタッフが高いレベルで持っています。 過積載に並び、リスク回避のための根本的な指導・管理内容になります。

排ガス規制

排ガス規制

石井商事運輸では自動車NOx・PM 法およびそれにもとづいて策定された総量削減計画に定められた方針を順守しています。 またそれらの知識伝達をスタッフに指導・教育しております。